はじまりの音

ことばの音色が好き。

幼い頃からことばに支えられました。

意味は解からなくとも

その言葉一つ一つにリズムや音、

文の連なりに色や音を感じたものです。

小学生のちいさな目線の少しばかり上に並ぶ本、

そこに連なる名前♪

リンカーン、ナイチンゲール、野口英男、

樋口一葉、聖徳太子...

音が聴こえるように連なる。

そして花、月の名前♪

本の中の言葉を声にしてみると、

強くなれる、元気になれる、

気持ち明るくなり、リズムも感じました。

 

着物の仕立てをし、筆まめで

川柳をしていた祖母の影響でしょうか。

気づけば遊び半分で真似事をしたり、

慈悲深い祖母の横では香の匂いがし、

静かに唱えるお経に和らぎを、

行間の心地よさには風を。

祖母が綴った言葉からあったかい心もちを感じます。


花、月、雨、土、それぞれの名前。

自然の匂いに包まれた五感が育む。

静かに詩歌を詠みつつ発表。

そして20代に恩人と出会い、日本のことばの美へ導いてもらいました。

宝石箱の鍵を見つけたような、

永遠に輝くことばの世界へ謎解きのはじまり

流れに乗って歩くうち、なまえ香と繋がりました。 

名前を仕立てるオンリーワンの香しさ。

大和言葉ならではの美

美しい日本のもの

この先もつなげてゆくこと。

記号化になりつつある日本語、

それによって、音無しライフスタイルに

潤い情緒ある存在価値の担い手へ

なまえ香を創ること

商品化前に、発表する機会をいただきました。

受賞したその日は、誕生日。

みえない流れと流れるまま進めてみました。