作品詩歌を香に


ゆるりと芽吹く桜のよふに

青空と一緒に泳ぐ川のように

静かにしずかにみつめをり

だから私はピンクに恋しさを感じ

アクアブルーを愛しく思う

キラキラあなたの足跡は

花(桜)と同じに愛されて

桜吹雪が踊りだす

音符のよふに

踊って ゆれて

あったもの ないもの

必要なもの 必要でないもの

そして

ほんとの美しさ。

(2008年詩歌/京都仁和寺朗読イベント発表会)

源氏物語の絵巻に触れ、復元絵巻も観覧した雅世界。

そして2016年時雨殿、財団法人小倉百人一首殿堂様からのお声かけによって、「むらさきしきぶ」の香が商品として実現しました。ワクワクしました。パッケージからすべて携わらせていただきました。さらに女優の紺野美沙子様朗読による源氏物語イベントで「むらさきしきぶ」のたきものあわせを制作し空間に香を表現しました、

言葉と香が奏でる演出は、まるでタイムスリップしたかのようです。

そして2022年に紫式部の香り~夕べ編~も添えて

国宝源氏物語絵巻保存とされている徳川美術館で販売へと繋がります。

10年も前からの様々な思いや願い・・ご協力くださった方々へ感謝をこめて

かたちとなり、学び手がけた地に、紫式部の香しさが新しき香りとして。