大和言葉

やまとことば。

大和言葉は、日本語の祖語であり和語でありまして

古くは和歌や雅語のこと。

大和言葉の世界は、やさしさの世界。

しずやかなる世界へ・・・

日本人の心の奥に秘め穏やかに心を捉えている。

方言の大半は、大和言葉とのことで、

あたたかみを感じます。

そして 和語は、

話言葉として洗練されました。

本来は、声(=音)に出すことで、

言霊にいのちエネルギーが注がれるとされる

繊細な日本の言葉。


伝えたい想いや気持ち。 

ことばの美。

平安時代には、漢語は男性が、

和語は女性。

やわらかなやさしい大和のことば

より美しく清らかな女姿が

浮かびます。


※1言霊

はるか昔より日本の言葉には魂が宿っているといわれています。つまり言霊があるといわれ、50音の言葉ひとつひとつに森羅万象が成り立っていて祈りや思いをこめられるといわれています。単音でなく、お経や祝詞などがよい例であるように連なる言葉の声音から神秘の力がひろがり溢れだすように。言葉は人の祈りや思いを時空を越えて伝える霊力があり、それは声音の力によって実現されるといわれているほどの繊細な言葉です。(資料より抜粋文)

かな文字

文字の基本となりましたのは、

三方を山で囲まれた京都の

美しい自然景観をも

雪月花 

草木花