私のなまえ香 八十八  七夕・・


七夕(たなばた)の夜に降る雨のことを、洒涙雨(さいるいう)。

少し特別な夜空。


芸事などの上達を願って、供えといっしょに、

香を焚かれつづけていたとのこと。

「星の薫物」という七夕にちなんだ言葉もあるように・・

短冊には詩歌を書いて学問などの上達を願ふ♪


日本らしいな♪

神々しいものがたり☆


ロマンチックなことばがたくさん溢れる七夕と深くてふかい

夏の匂いのはじまりはじまり♪


星合(ほしあひ)  星迎(ほしむかえ) 

星今宵(ほしこよい) 織女(しょくじょ)

出逢ひ  天の川 歳月の綻び(ときのほころび)

梶の葉  硯洗(すずりあらい)  流れ星  星月夜  一番星

星恋 星の奏・・


きらきらと微かに星の音が香を伝ってくださいます。


7月7日は、時節、小暑のはじまりの、梅雨明け。

豪雨の地域のみなさま、

なにぶんご自愛くださいませ(手あわせ)



(写真は、なまえ香 青)

なまえ香

あなたの名前で香を創るオーダーメイド。好みで香りを選ぶのではなく名前に込められた思いや願いを言葉の表情の解析も取り入れ独自の調香方法で仕立てます。自分だけの香は自身への存在価値充実感へと繋がってゆく。香袋と一緒に和紙で包装したあなただけのメッセージカードも添え、移り香という古来美意識作法で源氏物語や歌集などの世界へ。時間旅行を秘めたオンリーワンの香りは、大切な人への贈り物として。ご自身のためにも。

0コメント

  • 1000 / 1000