私のなまえ香 二百二十八 二十四節気 穀雨ことば・・・


穀雨(こくう)

のことばは、二十四節気の1つで

4月20日から5月4日くらいまでの時節です。


春雨降りて百穀を生化すればなり(暦便覧より)


天からの恵み

しっとりと穀物を潤す雨は

草葉木苗にそして地へエネルギーを浴びせるために、

神業の担い手となる農家さんたちとの共同作業でしょうか


芯のある雨脚、そして音

必要かつ自然たる循環のひとつは

私たちにとっても大切なこと。



「こくう」

言葉の響きからも捉えてみました♪


非常に複雑で、曖昧な表情をもちながら、単純な音が響きわたる。

陰なる支えの音が優美で、ふーっと放たれる

合理的表情をもち、恵み拡がる雨と大地奏でる音へと通じるようです。


老若男女すべて平和に仲良くと共生ともなる響きをもっていて、

古代歴史つながる

穀の豊穣を支えてくださっている 

神秘の音も捉えられていました。


日常、田にはご年配方たちが労尽くしてくださっています。

生命を育てる光景そして笑みの姿に感謝



ひそやかに降る「春の雨(はるのあめ)」

春の雨より強めに降る「春雨(はるさめ)」


微かに違いある、この情景は、日本の言葉ならではで

観て感じることができます。



上品で美しい黄金比たる青々した緑田の香しさと

風情ある匂いが伝わってきます♪


冷たくも鋭くもない春の雨は、なんとなく優しい。

雨は、すぐれないけど、意味ある雨をゆるしてみよ。


こころ潤すときと なりますように。




あなたの名前の響きから香を創るオーダーメイド

なまえ香


●私のなまえ香 百六十七 こくう一部リライト

な ま え 香

あなたの名前で香を創るオーダーメイド。好みで香を選ぶのではなく、両親や家族が思いや願いをこめて名付けた名前の表情から数と共に独自の調合方法でお創りしています。わたしの香は自身への存在価値充実感へと繋がってゆくよう。香袋と一緒にあなたの名前と香りのメッセージガードを添えて移り香という美意識作法で平安はては古代への時間旅行。そして今の私と忍ばせる。大切な人への贈り物。ご自身のために。

0コメント

  • 1000 / 1000