私のなまえ香 百十八 こわね・・・

声音(こわね)


声に、耳澄ませ

ことばの音に秘めた感情を

すくってみる。

ひとつ、ふたつ・・


声なければ

ことばの音色から想いをみる。

天がまもってくれるうちに

四季の移ろう虫の音や

草が寄り添う音から

今だけの、空の匂いから


信じることが見ること

はじめに言葉ありき☆



【写真は、秋雨あがりの神社の石段】

なまえ香

あなたの名前で香を創るオーダーメイド。好みで香りを選ぶのではなく名前に込められた思いや願いを言葉の表情の解析も取り入れ独自の調香方法で仕立てます。自分だけの香は自身への存在価値充実感へと繋がってゆく。香袋と一緒に和紙で包装したあなただけのメッセージカードも添え、移り香という古来美意識作法で源氏物語や歌集などの世界へ。時間旅行を秘めたオンリーワンの香りは、大切な人への贈り物として。ご自身のためにも。

0コメント

  • 1000 / 1000