私のなまえ香 二百三十九 蓮の花ひらく(三重県専修寺)


はすのはなひらく 

の、ことば


猛暑続き、23日には大暑になりますけども

12日~14日の時候

蓮の花がひらく(七十二候のことば)で

いま見頃になりました。


暑さが少しばかり・・

ゆるむような涼やかさをも感じさせてくれます。


レンコンのお花さんのこと

紅色、白色の華も美しく仏さまの傍にと見かけるお花♪

お寺さんにも蓮の花、蓮はな田ひろがりますね♪♪


香りもよく、夜明けと早朝に開いて

昼前にしぼむとされていますが、

昼間に開いている蓮の花もみかけますので、ぜひ気にして観てください♪


高田本山専修寺さん(三重県) 蓮の花オーナー制度に参加しました。

曙蓮をお願いしまして、花開きました♪




もう花咲き尽くし終わりのはじまりのようですが、

蕾んでいる苗もありましたので、美しく花開いているのかと思います。


曙蓮は、やさしい色目

▼もはや散り際です・・・

そして一句☆

『蓮の花ひらくる影に蕾あり』



▼蕾み、こちらは夜または早朝に美しく花開いているのかと思います

そしてもう一句☆

『吸い込まれそうな蓮の葉緑濃く』




雨上がりの、蓮の花や蓮の葉もいいものです。

(葉が私より大きな?)




蓮の花は、夏のことば

古語は、はちす

別名はちす  蓮華(れんげ)


言葉の調べ(音やリズム流れ)によって、言葉を使い分けながら

情景や情緒を伝えます。




はすのはなひらく

言葉の表情(音・リズム・響き)からみてみました♪


ためらいある表情の中に、純粋な音や豪華な響き

神秘哀愁の情緒も捉えていました。


陰陽の陰の音が多く安定した表情は捉えにくいのですが

それを超え、奥ゆきある静粛さといいましょうか

透きとおった、清楚な美をもみえてきます。


蓮の花の姿見を描くように、蕾から花開く状態

天へと伸びゆく蓮の花の清々しさ

これら8拍の音がリズミカルに折り合って

情景や情緒の美を捉えることができています。



はすのはなひらく☆

まるみたる安らぎが優雅に響き

濁りのない、清い心もちに誘ってくれるような香りがします♪


#五感を研ぎ澄まし、清らかな香しさを感じました


酷暑そして湿度・・温度差に負けませぬように

ご慈愛くださいませ






な ま え 香

あなたの名前で香を創るオーダーメイド。好みで香を選ぶのではなく、両親や家族が思いや願いをこめて名付けた名前の表情から数と共に独自の調合方法でお創りしています。わたしの香は自身への存在価値充実感へと繋がってゆくよう。香袋と一緒にあなたの名前と香りのメッセージガードを添えて移り香という美意識作法で平安はては古代への時間旅行。そして今の私と忍ばせる。大切な人への贈り物。ご自身のために。

0コメント

  • 1000 / 1000