私のなまえ香 二百十九 満月のことば



今宵2月17日   満月〇

別の名は17日の月

そして、立待の月です。


日本語ならではの、風情と潤いに余韻も溢れる素敵な言葉もあります。

立待の月、その前の日はいざよい・・


雪に、とけこむような日々が続きますが

いかがお過ごしですか


月と時間について、太陽暦を採用していた明治以前は

明かりとなる電化製品もないため、月の出の動きや満ち欠けと

うまく生活をしていたとのことです


自然との共生

まるで、近未来です☆


満月(まんげつ)

言葉の表情からみてみました♪



♪♪

月の清さは秋きわまれり。

秋といえば月といわんばかりとの

清らかであり爽やかたる音が放たれています。

秋を中心に冬の冷たき風情と、クールに艶あるかたちが捉えられていて

煌々と奏でるような響きが安心して伝わってきます。

♪♪


春の雪に沁みいる匂いあふれ

そこに、満ちたる月が高まって

澄み切った空で気持ちよく泳ぐように。


深い眠りを誘うような清き香りと、ほっとする匂いがします。



温度差ご自愛くださいませ





【写真はなまえ香袋らんらん】

な ま え 香

あなたの名前で香を創るオーダーメイド。好みで香を選ぶのではなく、両親や家族が思いや願いをこめて名付けた名前の表情から数と共に独自の調合方法でお創りしています。わたしの香は自身への存在価値充実感へと繋がってゆくよう。香袋と一緒に和紙に綴ったお手紙を添え、移り香という平安時代はては古来美意識作法で今の私と忍ばせる。大切な人への贈り物。ご自身のお誕生日に。 ~私のなまえ香~ブログです☆

0コメント

  • 1000 / 1000