私のなまえ香 二百二十 椿のことば


椿咲く今もなお、雪と頬寄せ合うように。

2月19日から 二十四節気、 雨水はじまり。


雪解け水がコトコトと、

流れきこえてきますでしょうか。


降りしきる雪が続く日、いかがお過ごしですか

いつもご覧くださいまして、ありがとうございます。



椿は、春の事ぶれの花の意味。

椿は、春の木。


つらつら椿、花椿、紅椿、白椿♪

いろんな椿が連想されます。




そして、言葉の表情からも、みてみました♪


「つらつらつばき」と「つばき」


「つばき」tsubaki

すがすがしくも爽やかな響きが波紋のように描かれて

その余韻がさっぱりと弧高な音となって表現しています。


凛々しくも清らかに神秘とも感じるよな

潔き音がしまして、

残り冬の面影の匂いも感じます☆



そして、

「つらつらつばき」tsuratsuratsubaki

つらつら~と心地よいリズムによって

癒しを捉え、あたたかみのある表情がこちらにはあります。


優雅な感じは陰を奏で、

その中に純粋な情緒が秘められていて

やすらぎある余韻へと匂いが伝ってきます。



下を向いて落ちない異質な動きなき動きは

両方の言葉に捉えられています。


個性といいましょうか、存在感でしょうか。


つばきは、潔くて

つらつらつばきは、奥ゆきを感じます。



ほんの微かな音、 些細な声、刹那の匂い

言葉にならない奥ゆきが

みえない香りとなって、気づかせてくれます。



心身だいじくださいませ☆


な ま え 香

あなたの名前で香を創るオーダーメイド。好みで香を選ぶのではなく、両親や家族が思いや願いをこめて名付けた名前の表情から数と共に独自の調合方法でお創りしています。わたしの香は自身への存在価値充実感へと繋がってゆくよう。香袋と一緒に和紙に綴ったお手紙を添え、移り香という平安時代はては古来美意識作法で今の私と忍ばせる。大切な人への贈り物。ご自身のお誕生日に。 ~私のなまえ香~ブログです☆

0コメント

  • 1000 / 1000