私のなまえ香 二百三十六 夏至ことば


夏至(げし)のことば

6月21日ごろの時候の言葉

そして、

二十四節気

日の長きのいたりなるを以て也

昼間が最も長くなるそうです。


蓮の田の蕾、蓮の花が少しずつ開いています

うっとおしさを忘れる綺麗な色彩が

雨を美しくも涼しげに。

まもなく蓮の花ひらくです


まだまだ梅雨時間

じめじめとした日が続いておりますが

気圧湿度などお身体整えてくださいませ。


夏至をむかえ

7月早々となりますと、

半夏生(はんげしょう)、半夏雨(はんげあめ)

の言葉が登場してきます。


半夏半作といわれていたそうで、

この日までに田植えを終えるとされていたそうです。


またこの日は、さまざまな禁忌があり、

もの忌みをする風習もあったようです。


神々し古代ならではの、自然と一体とする意識の深さを感じます。


夏至(げし)

gesi

言葉の響きからもみてみました♪


動く感じある表情は全く無くも

すっきり溌剌とした夏らしい表情をもち

不透明な響きが低音のように捉えています。


よそよそとした音を放ち、孤立した感じは、紫陽花(あじさい)の言葉響きも

同じでありまして、この四季ならではの表情でしょうか。


孤立という言葉は、ネガティブなイメージが強いですが

強くも個性として響かせながら

梅雨最中ならではのためらいある情緒も受け入れて

それが振動となり、情緒という美として間接的に伝えている感じです。


梅雨晴れ間のすっきりとした響きももっていて

梅雨最中の不透明な憂いある音

その先にある、すっきり躍動へと導くための

今は必要な時候のように


夏の音色と重ね合い、雨が情景を感じさせる香りを呼び込み

可愛らしい匂いがします。




☆7月おためし香は、「ふうりん」&「ふみづき」のことば香りです☆


あなたの名前で香りを創るオーダーメイド #なまえ香

大切な人の誕生日プレゼント

ご自身へのプレゼント

な ま え 香

あなたの名前で香を創るオーダーメイド。好みで香を選ぶのではなく、両親や家族が思いや願いをこめて名付けた名前の表情から数と共に独自の調合方法でお創りしています。わたしの香は自身への存在価値充実感へと繋がってゆくよう。香袋と一緒にあなたの名前と香りのメッセージガードを添えて移り香という美意識作法で平安はては古代への時間旅行。そして今の私と忍ばせる。大切な人への贈り物。ご自身のために。

0コメント

  • 1000 / 1000