私のなまえ香 二百四十四 蜻蛉(とんぼ)


トンボは蜻蛉(とんぼ)

晩春から秋の終わりまで、水平にすーっと飛ぶトンボ♪


一年中、見かけるように思いますが、言葉としては秋の季語。

古語は、秋津「あきづ」「あきつ」

また別名、「やんま」と表現するようです。

とんぼの瞳は、それぞれ色が違っている?ようで羽も色彩も美しい。


秋の夕焼けを飾るアクセサリーのように

飛んでいるのか、踊っているのでしょうか。

そして、葉にササっと止まった姿は、とても姿勢よく映ります。


今の時期によく見かけるトンボも、蝶と同じ

自然の波動にあわせ、心地よい匂い空間の場所へと飛びわたるようです。

トンボならではの通り道。


とんぼも、縁起良い虫のひとつのようで、お盆やお彼岸など多く

先祖を表現するともいわれています。


「とんぼ」と「あきつ」 言葉の表情からもみてみました♪

「とんぼ」は、ふっくらクラシカルな情緒ももちながら

優雅で穏やかさな響きを捉えていました。

「あきつ」は、爽やかに思うままそのままのような音を奏でながら

溌剌とした新鮮な表情を捉えたリズミカルな動きがあります。

秋の風情もしっかり。

初秋から晩秋への風情が強く捉えているのは、「あきつ」ですが

晩春はもちろんのこと、冬の初めの風情ある表情も捉えていて

どちらも、古くから今そして未来へ自然ある限り存在しうると

改めて知ることができました。


トンボの繊細な動きある姿と静けさの時間、

秋のしっとりした香りと、爽やかな香りに満たされたくなります♪





少し前まで、丁子の香を強く感じていて

この頃は、夕方から白檀を纏うような匂いがします。


あまい、かたい、やわらかい・・・呼吸をする香たち☆

香それぞれにも特徴があります。

繊細で控えめな匂いである香原料そして香、和紙のご機嫌・・

日々、五感の鋭さや鈍感具合を試してきます笑


まもなくお彼岸さん、トンボは幸運のしるし

トンボをみつけてくださいませ☆





●9月17日より、徳川美術館(愛知県名古屋市)で販売します


な ま え 香

あなたの名前で香を創るオーダーメイド。好みで香を選ぶのではなく、両親や家族が思いや願いをこめて名付けた名前の表情から数と共に独自の調合方法でお創りしています。わたしの香は自身への存在価値充実感へと繋がってゆくよう。香袋と一緒にあなたの名前と香りのメッセージガードを添えて移り香という美意識作法で平安はては古代への時間旅行。そして今の私と忍ばせる。大切な人への贈り物。ご自身のために。

0コメント

  • 1000 / 1000