私のなまえ香 二百四十一 処暑ことば・二十四節気

処暑「しょしょ」

8月23日からの時候、二十四節気のことば。


暑さやわらぎ、秋めいてくるころとなります。


暑さたっぷりのままですが、

稲は色をかえ、空は秋雲に変化してきています♪


いかがお過ごしですか。


この時期は、子供の成長を願う「地蔵盆」のお祭も。

赤いエプロンかけたお地蔵さんも、微笑みが満ち溢れます♪


涼やかな風、そして虫の音もはじまり

秋の夜の、ゆらぎの音(ね)として、

心地よくも、静かに五感を研ぎほぐしてくれます。


虫の音が心地よいという体感は、

日本人ならではの特別な感性といわれています。

日本語(大和言葉)の響きと、どこか繋がっているのでしょうか。



「しょしょ」言葉の響きからも、捉えてみました♪


【写真:三重県、茶の地】


奥ゆかしくも喜怒哀楽が、大らかに動きなくも揺れる感じ。

爽やかな秋の風情を捉えながら、しっとり優美な響きは

落ち着いた余裕のある人のような音♪

移ろいゆく流れに相応しいほどの落ち着き。

その雰囲気に、安心という表情が添えられて。


変わらずとも、朝夕の涼しさそして虫の音にほっとする安心感。

自然は大丈夫、元気でお変わりありませんよと

伝えてくださってるような


晩夏、ひぐらしの音に後ろ髪ひかれながら・・



処暑は、台風が多い時期。

夏の疲れも出やすくなります、健やかにお過ごしくださいまし。


ー2022年 処暑ことば 詩-




※記事は2021年の「私のなまえ香194」文章内容をアレンジしました☆



な ま え 香

あなたの名前で香を創るオーダーメイド。好みで香を選ぶのではなく、両親や家族が思いや願いをこめて名付けた名前の表情から数と共に独自の調合方法でお創りしています。わたしの香は自身への存在価値充実感へと繋がってゆくよう。香袋と一緒にあなたの名前と香りのメッセージガードを添えて移り香という美意識作法で平安はては古代への時間旅行。そして今の私と忍ばせる。大切な人への贈り物。ご自身のために。

0コメント

  • 1000 / 1000