私のなまえ香 二百二十一 雨香のことば


雨が降り出す少し前に、

草木土や道、風などが、雨の匂いを伝えてくれる。


雨の匂いと、五感が一体する心地よい瞬間でしょうか。


時々、微かな花の香りが添えられ

雨の始まりの匂いのことを

雨香(うこう)。


季節問わず、雨が降る前の匂いは様々。

その匂いまたは香りがおもしろいものです。

香りは、花のことを指していて、雨香



この雨香(うこう)の言葉の響きをみてみました♪


わかりやすい単純な表情も捉えられていて

安らぎと優雅な風情をもちながらも、

波動運ぶ、静けさの前触れの知らせとなりましょうか。


現実的かつ合理的な音も捉えられ、

その一部に花の香りが優雅に存在を高める響きがします。


大らかに包みこむ表情は、雨の始まりを誘って

きこえてきます。

香の音と雨の。


止まれど雨


その雨に秘められた、わずかな香しさに

何か気づきが添えられていそうです。


五感を研ぎ澄ます♪

雨香のことば





【写真はオーダーメイドなまえ香 通常】


3月おためし香は、啓蟄(けいちつ)の香りです。

な ま え 香

あなたの名前で香を創るオーダーメイド。好みで香を選ぶのではなく、両親や家族が思いや願いをこめて名付けた名前の表情から数と共に独自の調合方法でお創りしています。わたしの香は自身への存在価値充実感へと繋がってゆくよう。香袋と一緒に和紙に綴ったお手紙を添え、移り香という平安時代はては古来美意識作法で今の私と忍ばせる。大切な人への贈り物。ご自身のお誕生日に。 ~私のなまえ香~ブログです☆

0コメント

  • 1000 / 1000